宮崎ブライダル&医療専門学校 トップページ >>学科のご紹介 >> 医療ビジネス科 >>医療事務コース

学科のご紹介

医療事務コース ~総合病院・クリニック・調剤薬局などの医療事務スタッフを目指す!~

医療事務の仕事はカルテ(診療録)の理解と診療費の算定、レセプト(診療報酬明細書)のチェックなどが重要な業務になります。
また、受付に求められる細かい気配りと、迅速で的確な事務処理技能、患者接遇のためのコミュニケーション能力も求められます。

ポイント①『医師事務作業補助者』を目指せる!

ドクターズオフィスワークアシスト(医師事務作業補助者)とは、
これまでドクターが行っていた診断書や処方箋などの医療文書作成業務などを、医師の指示の下で代行する業務を行います。ドクターはその分負担が軽くなり、医療行為に専念することができます。
医師事務作業補助者は、「医療現場の質の向上」に貢献する、いま最も注目されている専門職なのです。
当コースでは、選択制で医師事務作業補助者検定試験(ドクターズオフィスワークアシスト)に挑戦することができます。

ポイント② 『調剤事務管理士』を目指せる!

調剤事務とは医療機関や調剤薬局でお薬の保険請求を行うことで、経営基盤を支えるとても大事なお仕事です。
近年は診察と調剤を別々に行う医薬分業が急速に進み、全国、そして宮崎県内でも調剤薬局年々増加しています。
それに伴い調剤薬局で事務作業を行う調剤事務の求人も多く見られるようになっています。
本校では医療事務の能力に加え、調剤事務のスキルも併せ持った人材の育成を進めています。
深い専門知識を持った教員による指導に加え、通信教育では学ぶことのできないコンピュータを使った事務作業の演習もカリキュラムに取り入れています。

ポイント③ 『ケアクラーク』も目指せる!

ケアクラークは介護事務とも言い、いわゆる老人ホーム等での保険請求の事務、またはその作業を行う職種を指します。
高齢化の進む日本では年々老人ホームの数が増え続け、病院が老人ホームを併設しているケースも多数あります。
これらの老人ホームは介護保険での保険請求が経営の基本となるため、その部分を担う介護事務の責任は重大です。
本校では医療事務を基本に、選択科目として介護事務の授業も用意しています。
医療と介護の二つのスキルを持つことで、医療機関でも老人ホームでも力を発揮できるマルチロールな人材として 将来の選択肢を広げていきます。

医療事務コース 募集対象

2年課程 女子

医療事務コースで身に付くスキル

医療現場ではカルテ(診療録)を正確に読み解くことが求められるため、専門用語、医学の知識を基礎からしっかり学びます。その上で、調剤事務や介護事務等、将来の職種選択が広げる学習を進めます。

医療事務コース カリキュラム

文書作成/基礎医学/医事関連法規/医療秘書/電卓/電子カルテ/医事コンピュータ/診療記録/医療事務/簿記/患者接遇/秘書実務/メディカルコミュニケーション/手話/エクセル・ワード/調剤事務

医療事務コース 専門分野の授業内容を一部ご紹介!!

調剤事務
病院内や調剤薬局での受付・会計等の事務業務を学びます。
医事コンピュータ
レセプト請求の完全電子請求に対応した実践的な技術を身に付けます。
メディカル
コミュニケーション

病院の施設をそのまま教室に設置し、患者様との応対、電話での対応などの実践的な所作を身に付けます。

取得できる資格(選択科目を含む)

医師事務作業補助者検定試験(ドクターズオフィスワークアシスト)
メディカルクラーク
調剤事務管理士技能認定試験
ケアクラーク技能認定試験
電子カルテ検定
医事コンピュータ技能検定 2・3級
秘書技能検定試験 準1・2級
医療秘書検定 2・3級
調剤事務管理士技能認定試験
Word文書処理検定
Excel表計算処理検定
手話検定 初級
電卓
簿記

>>【医療ビジネス科 学科説明ページ】へ戻る